無事に終了しました☆日本近代文学館リーディングライブ


この度は、ご来場いただき誠にありがとうございました。

プチプラージュ主催の「日本近代文学館リーディングライブ」が無事に終了致しました。

多くの朗読を愛する方々が集まり、「それぞれの人が自分の好きな作品を選び、お客様の前で、自由に発表をする」というとても面白い企画でした。

作品の選び方や、読み方、紹介の仕方まで、個性的でとても刺激をいただきました。

今回読ませていただいた、ジャンニ・ロダーリ作「パパの電話を待ちながら」より「どこにもつながってない道」は、子供に読み聞かせる内容の話でありながらも、自分自身も深く考えてしまう作品でした。

<石頭のマルティーノ>と呼ばれている少年は、周りのみんなから、どこにもつながってないと言われている道に対して、「誰も行った事がないのに、なぜそんな事が分かるの?」と、疑問を持っていました。

みんなに、頑固者だとバカにされようと自分の目で確かめる為に、どこにもつながってない道へ旅立っていくというお話です。

とても好きなお話なので、また是非読んでみたい作品です。


最新記事
アーカイブ